ぺダリアン.com
PEDALIAN.com JACC日本アドベンチャー・サイクリストクラブ 日本国際自転車交流協会
menu
INTRODUCTION
はじめに
JACC
JACCとは
地球体験情報紙


PEDALIAN



EXCHANGE



 


動画

 早くもギブアップ!


 世界一周スライド
 
※2011年4月14日渡米した吉尾一郎会員からアメリカ横断レポートが届きました。西海岸サンタモニカから東海岸バージニアビーチまで(5200km)完走です。


「アメリカ合衆国横断」


       一番好きだった場所 モニュメントバレー(5月12日)

僭越ながらアメリカを横断してみての感想をご報告させて頂きます

これまで、自分はいわゆるバックパッカーでアジアを10か国ほど周ったことはありましたが、自転車で自分で走るなどということは考えてもいませんでした。20代のうちに世界をぐるりと見て周りたいと思っていましたので1年間の期限付きではありますが旅に出ようと決めました。その中で植村直己冒険館で中西大輔さんの展示会があってすごく刺激になり、自転車で世界を見るってどんな気持ちなんだろう?と強く思いました。そして、ただのツーリストとはちょっと違う旅をしたいということでアメリカを自転車横断しようと決めました。

アメリカを選んだのは、達成したら自信になるかなということや舗装路が多いのでマウンテンバイクでなくても大丈夫かなと思ったことなとが理由です。

アメリカに来るのは初めてだったので、最初は戸惑うことばかりでした。英語もコーヒーすら通用しませんでした。最初はグーグルマップを参考に山越えしようと思ったらいきなり道がなくなって迷ったり、モハーベ砂漠越えで「こんなに長いこと町がないの?」「砂漠の照り返しってこんなに強いのか」など一喜一憂してました。しかし、出会う人の多くが親切にしてくださり、そしてアリゾナに入ってからは雄々しいアメリカの大地の連続でした。感動しました!中部では地平線が続き、東部に入ると徐々に緑が増えていき、人口もどんどん多くなってきました。本当にゆっくりゆっくりと景色が変わっていくのを実感しました。自転車は等身大なのかなと思います。本来自分の持つ速度というか体感できる大きさ、進むのも止まるのも自分次第、まさに等身大の大きさでアメリカという大地を感じられました。もちろんすべてを分かった訳ではありませんが、進み続ければいつか必ずたどり着けるという実感がここにあります。そして、人の優しさに触れられたのは絶対に自転車で旅をしたからだと思います。本当にこの機会に感謝しています。改めて、みなさんありがとうございました。


     大西洋に面したバージニアビーチに到着(6月13日)

今後の計画なのですが、帰国したら東北に行こうと思います。数日になるか数週間になるか分かりませんが少しでもお力(東日本大震災の復旧)になれればと思います。この旅の中で日本の現状をたくさん聞かれましたが、本当のところ何もわかっていないのかもしれません。なので東北に向かうつもりです。その後8月は次のプランの準備に充てようと思います。

9月からは世界一周航空券を使い大陸を周るつもりにしています。まだ決めかねているのですがもしオススメの国、走行ルート等あれば教えていただけると幸いです。

                                          吉尾 一郎

         地球体験レポートタイ・カンボジアヨーロッパ     戻る

Copyright c 2005 PEDALIAN. All Rights Reserved. http://www.pedalian.com