ぺダリアン.com
PEDALIAN.com JACC日本アドベンチャー・サイクリストクラブ 日本国際自転車交流協会
menu
INTRODUCTION
はじめに
JACC
JACCとは
地球体験情報紙


PEDALIAN



EXCHANGE



 


動画

台湾チャンネル

プロフィール
 叶 佐枝子
 

2011年3月11日に発生した東日本大震災を機に、「震災を忘れないでほしい」気持ちを胸に、自転車一人旅を始める。旅の途中で出会った方に、白い布にメッセージを書いてもらいながら日本一周や台湾一周に。
2013年9月~2014年9月(141日間)62歳で日本一周
2014年12月(14日間)台湾一周
日本+台湾の走行距離合計10,735㎞

【自転車一人出愛旅】
東日本の人たちを応援するため、2013年9月1日(日)~10月17日(木)神戸から青森・青森から福井を通り神戸へ。
2014年3月18日(火)~4月29日(火)神戸から沖縄
2014年5月19日(月)~6月2日(月)小豆島・四国
2014年6月17日(火)~7月12日(土)北海道道北・道東・利尻島
2014年8月30日(土)~9月8日(月)小樽から道南
2014127日(日)~1220日(土)台湾一周

駅や道で出逢った人・保育所から大学・市役所・区役所・災害センター・消防署・警察・作業所等々、各地で東日本の人たちへの応援メッセージを書いて頂きながら、62歳で一人、自転車日本一周・63歳で台湾一周をしました。

プロフィール:なぜこの自転車一人出愛旅をしようと思ったのか

私は、子供たちにそろばんを教えてきました。子供たちが友達の良さに気付き、お父さんお母さんに感謝できる子、自分の意志で進むことの出来る人、自分の未来を切り拓ける人になってほしい。その思いで30年間子供たちと接してきました。

Why

2013年2月にイベントを行った際、子供たちに「誰に会いたい、誰と話がしたい」とアンケートを取りましたら、殆どの子がAKB48や香川選手・本田圭佑選手・浅田真央ちゃんと言った有名な人を書いていましたが、一人だけ「福島のお姉ちゃんに会いたい、お姉ちゃんに会って話がしたいけれど、遠くてなかなか会えないので、会ってゆっくり話がしたい」と書いていた子がいました。私は、その子の言葉が心にずっと残っていました。でも、何も出来ないままでした。2013年5月に福島南相馬を訪れた時、大阪石切山、金剛寺のご住職、井本香如様が震災後、復興活動をされておられ、南相馬の津波で全てが流されたところに、「福島を忘れないで」という思いのモニュメントを建立されていました。「福島のお姉ちゃんに会いたい」と書いたこの子の心と、「福島を忘れないで」の気持ちが、私の心の中で重なり、「福島を忘れない」気持ちを繋いでいこう。東日本の人たちのご苦労には程遠いけれど、私も少しは苦労してメッセージを繋いでいこうと自転車で走ろうと決めました。

旅をしている時に湧いてきた想い

旅の途中には、聖和高校の生徒が仙台の駅、目的地までリレーで繋いでくれ、原中学校では体育の授業をしていた生徒が一斉に整列し手を振って見送ってくれ、神奈川県立大磯高等学校では、生徒さんが「冷たい麦茶です」と出してくれ、「ありがとうございました」と大きな声で深々と礼をして見送ってくれました。青森の弘前中央高等学校、新潟の村上第一中学校。千葉の船橋小学校・船橋中学校・新潟の川崎小学校の子も「秘密の近道」を教えてくれました。まだまだ多くの学校で先生や生徒さんに頂いた「愛」があります。福島浅川町では「お茶を飲んでいけ、心配いらんここで泊まっていけ」とぶっきらぼうですが温く、七戸では、道で会った方が「うちで泊まってください」と、お宅に着くと食事もお風呂もお布団もご主人が用意してくださっていました。北秋田でお世話になったお宅で、お母さんが「嫌なことはなかったですか、人には優しくしなくては、お天道様が見ておられます」と言葉をかけてくださり、あったかなカディガンと綿入りズボンをくださいました。北秋田の朝は寒く、これが無かったら凍えていました。自転車旅では、多くの人に沢山の「愛」を頂き、

この自転車旅は「出愛旅」だと感じています。

一人でも多くの人に伝えたい

福島でお世話になった方が、仮設にお住まいの方のところへ連れて行ってくれました、「震災前までは三家族一緒に住んでいたが、今は自分一人ここにいます」「もうすぐ家が建ってみんな一緒に住める、孫たちは賑やかでやかましいが、それが嬉しい」「でもみんなで集まるところでは言えない」と寂しそうな表情をされました。新しい家を建てられない人もいるからです。「南相馬は地盤が固く、被害が無いように見えるところもあるが、震災後は他の土地に避難している人が多く、人がいないから店を閉じてしまう。仕事が無いから若い人も戻ってこられない」そこへ行かなければ出会えなかった人、お聞きできなかった話、感じたことを、一人でも多くの人に伝えていくことで、すこしでも多くの方が福島への関心を持っていただけるのではないかと思います。また、何かしたいと思っても、きっかけが掴めない、勇気がでない、出来ない理由ばかりが浮かんできて進むことができない。わたしもそうでした。動き出さなければ何も変わらない。まず、一歩を踏み出すことの大切さを伝えたい。

【台湾の方たちへ感謝の気持ちを込めて走る

2014年12月7日(日)~12月20日(土)

東日本大震災の時に被災地に多くの義援金や心を寄せてくださった台湾の方々へ、福島相馬郡新地町・南相馬牛河内仮設住宅にお住いの方が書いてくださった「台湾の人への感謝のメッセージ葉書」を出会った方々に手渡しし届け、感謝の気持ちを届けることができました。東日本大震災時に多大なご支援をしてくださった台湾の方へ感謝の気持ちを込め、福島の方の「台湾の方へのお礼メッセージ葉書」を届けたいと「台湾一周自転車一人出愛旅」をしようと思いました。63歳にして初めての海外旅行で、分からないこと不安なことだらけ、日本でも自転車冒険家の西川昌徳さんや、130カ国15万キロを単独自転車で走られた地球二周サイクルニスト中西大輔さん、山内さんを訪ね台湾のお話しを伺い、smiley008cyclesの大矢さんは自転車のメンテナンスや色んな方に繋いでくださり、皆さんに教え支えて頂き桃園空港に着くまでになりました。124Facebookに「台湾一周自転車一人出愛旅」のことを挙げますと高雄での宿泊や友達にも集まって頂くよう声をかけます。とメッセージをくださったり、

これからしたいこと

みなさんに書いて頂いたメッセージを写真集にし、売り上げの一部を福島の応援に繋げたい。メッセージの布で日本(地域でも可)を包みたい。東日本応援メッセージを地域のコミニティや職場・学校などで拡げてくださる方を募ります

★講演・トークライブ

2013年12月5日:大阪・トークライブ

2013年12月29日:近畿大学梅友会兵庫県支部総会

2014年1月12日:大阪にてセミナー

2014年2月8日:神戸市灘区岩屋青年会館にて講演

2014年2月16日:神戸市灘区南天荘画廊にて講演

2014年3月11日:神戸区役所3.11バザールで南京町に東日本応援メッセージをパネル展示

2014年3月11日~3月17日:神戸そごう「東北六県の物産展」で東日本応援メッセージを展示

2014年11月9日:大阪十三にてトークショー

2014年11月30日:近畿大学梅友会兵庫県支部総会【台湾一周】

FMラジオ

2014年1月30日:さくらFM

2014年2月5日:FMGIG「夢を叶える夢の素」

2014年:FMGIG幸せ発信局「くにちゃんの行き当たりバッチリ」

★取材
201392日(月)神戸新聞

20139月?福島浅川コダマ新聞

20131011日(金)東奥新聞

20131027日(日)新潟・村上新聞

20131115日(金)神戸新聞

20131119日(火)東京新聞

2014518日(日)神戸新聞

2014529日(木)愛媛新聞

2014530日(金)高知新聞

2014628日(土)稚内プレス

201473日(木)北海道民友新聞

201493日(水)北海道新聞

20141211日(木)~

(台北中央社11日付の聯合報)・台湾のテレビ局、華視の新聞雑誌(NewsMagazine

20141216(金)阮迺闳/花莲报导

相關報導:日本單車環台 「保鏢」一路相隨的超級阿 環島傳愛心

他多数

  
 日本一周や台湾一周の感謝の気持ちをこめて「こころ詩」小冊子を発行しました。読んでくださる方々の心が元気になり、そして私の感謝の気持ちを伝えることができましたら、最高の喜びです。豊中市のサイクルショップ銀輪亭に置いてあります。


ペダリアン紙第131号┃              戻る


Copyright c 2005 PEDALIAN. All Rights Reserved. http://www.pedalian.com